FC2ブログ
10 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. » 12

カレンダー

LINK

ブログ内検索

最近のコメント

カテゴリー

RSSリンクの表示

一歩一会(きららふぁーむ)

一歩踏み出したからこそ出会え、感じ、見つけることがある。      一歩一会という言葉との出逢い、生涯大事にしていきたい。

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback |  -- comment |  edit

△page top

ありがとう。 

Posted on 06:23:03

先日、大事な人の訃報を知りました。
2017年7月、お空に旅立たれたそうです。
知らなかったんです。
元気にしてくれてるものだと思ってました。

旅立たれたIさんは、私が農業法人でアルバイトした時の師匠のような存在で、父親の同級生で幼なじみの人。
私が約20年働いてきた会社を辞め、父親の実家のある飯田市に単身で引っ越し農業の経験を積もうと農業法人でアルバイトさせてもらう事になり、最初に会ったIさんは、真っ暗い顔、ちょっと強面でした。
正直、怖そうだなぁ~って思ってました。
その時は、父親の同級生だとは知らず、Iさんも、私の事を同級生の息子だとは知らなかったみたいです。
私が同級生のしかも、親友の息子だと知った時、Iさんは、あの強面の顔が満面の笑顔になり「○○の息子か~」って何回も繰り返していました。
いろんな事をいっぱい教えてくれました。
なにもしらない私を、まるで身内のように、いっぱいいっぱい守ってくれました。
まるで父のように。
二人で山ぶどうを塩尻市のワイナリーに運んだ時も、塩尻市で立ち寄った飲食店で、少し遠慮して普通の牛丼を食べようとしたら、「遠慮するな~、大盛りの定食を食べろ」って言って、ご馳走になりました。
Iさんは、父親と大親友。
いつも「父親は元気にしとるか~、こっちに戻って来いって言っておけ」が口癖になってました。
父親もIさんが旅だった事、最近知ったみたいで、その事を知らなかったこと、いろんな事、悲しかったみたいで・・
父親とIさんの絆の強さがわかるだけに、父親も寂しいよな~
父親が「もう、同級会行かなくてもよいかな~」の一声が・・

私に農業を教えてくれた師匠
イチゴ



ぶどう


田植え体験の中学生のインストラクターを田植え未体験の私がやることになった時も、いろんな事、教えてくれました。


口数は少なかったけど、あの時の一声一声が今はとても大事に思います。

3月に、ぶどう畑で剪定・誘引・棚つけ作業をしている、Iさんに会いに行った時、「なんだ~元気でやっとるか~、お前の畑も見にいきたいなぁ~、元気に頑張れよ」って笑顔で迎えてくれて、そして、また送り出してくれました。
Iさんと働けたこと、出会えた事、私には大きな心の財産です。
私にとっても、父親にとっても、大切な存在だったIさん。
あなたの毒舌が聞けなくなるのは寂しいけど、今度は、見にこれなかった私の果樹園を空から見守ってください。
また、落ち着いたら、父と会いにいきますね。

Iさん、『ありがとう』
スポンサーサイト

△page top

この記事へのコメント

△page top

コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL

→http://soininen.blog75.fc2.com/tb.php/1080-2d6050b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。